新着情報

NEWS RELEASE 新着情報

自己認知

言い訳を考えるのに疲れる

私は「仕事ができない奴だ」

と思われることに過度に恐れを感じているようです。

 

周囲に比べて仕事が遅いのは自覚しております。

しかし、その遅さが少しならいいのですが、少しではないのです。

ただ、「少し」「少しではない」というのは、

あくまでも自分の感覚値であって、

別に他者から「仕事が遅いね」と言われたわけでもなく、

(過去の職場では指摘を受けたこともありますが...)

自分が自分のことをそう評価していて、

周囲からも「仕事が遅い」と思われたくなくて、

仕事が想うように進まず、かなり遅れているな~と感じている時、

なぜ、仕事が遅れているかの理由を、自分の能力以外のところで探し、

ここがこうだったから、

あそこがこうなっていたから、

と自分の心の中でも、周囲に対してもめちゃくちゃ言い訳している。

そんな自分に気が付きました。

そしてその行為に疲れていることにも気が付きました。

 

そんな自分にどうアドバイスしたらいいか?

 

①周囲と比較しないようにする。

そうは言っても、皆で一斉にスタートする作業であれば、

周囲の進み具合が気になってしまうこともあります。

そんな時は、そんな自分を否定するのではなく、

「そりゃ気になっちゃうよね」と一旦受け入れて、

「でも気になっている時間もったいないよね~」

と自分の作業に意識を戻すように努力しようと想います。

 

②言い訳を考えてもいいけど、必要以上に言わない。

自分の自己肯定感を下げないためにも、

仕事が想うように進まない納得がいく理由を考えるまでは

良しとしようと思います。

ただ、聞かれてもいないのに自分から言うのは、やめようと想います。

 

③仕事が遅い = 仕事ができない という思い込みを手放す。

私の思考の中で、仕事が遅いこと、イコール、仕事ができない。

ということに、直結しています。

確かに、仕事の内容によってはそういうこともあるでしょう。

でも、仕事の中には早ければいいと言うものでないものも沢山あります。

その仕事の本質をよく考えて、仕事に取り組みたいです。

 

そもそも「仕事ができない奴だ」と思われることへの恐れを手放せたら、

一番いいのですがね(^^;)

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子

貪欲さを中和する

メンターのSNS投稿がきっかけで、

段階的に心身に負担をかけていたことに気付いた時から

数日が経過しました。

 

私は毎朝自分に対して、

今日の体調は?

今の気持ちは?

という質問を自分に投げかけて答えています。

その答えも記入しています。

ふと、心身のサインがそこにあったはず!と想い、

過去、1か月くらいをさかのぼって見て見ることにしました。

7月10日に

「暑さがきつい。暑さにやられそう。」

と記載があり、

その日を境に、

何となくだるい。

とか、

よく眠れなかった。

とか、書かれている頻度が徐々に増え、

それまでは、

今日は体調も気分もいいという日の割合の方が多かったのに、

それが次第に逆転し、

ここ最近では、何となくだるいの日の合間に、

今日はまあまあ体調が良いという日が少しだけ挟まっている

という具合になっておりました。

 

ただ書いているだけで、活用しておりませんでした(^^;)

 

原因はさまざま考えられます。

・年齢的なホルモンバランスの乱れ

・夏の暑さと、エアコンの温度差

・時間や気持ちにゆとりがなかったこと

 

1つ目と2つ目は対処療法はあったとしても、

自分でコントロールすることは難しいです。

しかし、3番目に関しては、自分でコントロールすることが可能です。

振り返ると、ここ1~2カ月

仕事にも勉強にもがつがつしすぎていたなと感じます。

それが悪い事とは思いませんが、

がつがつしたいのであれば、

その分、そのがつがつ感を中和することを積極的に取り入れ、

バランスを保たなければならなかったな~、

その意識が足りなかったな~と思うのであります。

 

ここ2~3日、

残業をほどほどにして帰宅する日を敢えて設けたり、

お花を買ったり、

タスクを後回しにして寝る時間を優先したり、

クラッシックを聴いたり、

ただただ楽しむためだけの動画を観たり

 

たったこれだけのことで、

これも段階的にですが、

体力が回復してきたのを感じます。

20代の頃なら、

1日寝ればすぐに取り戻せるのかもしれませんが、

年齢も考慮していかなければならないですね(^^;)

当たり前のことなのですが、

その当たり前をついつい忘れてしまうのは、

私だけでしょうか?

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子

 

 

 

 

いつからでも遅くはない

あなたの集中できること、夢中になれることって何ですか?

 

私は、40代半ばまで、「これだ!」というものに出会えず、

それまでは、ずっと探し続けていました。

うつが酷く絶望感に苛まれている時でさえ、

心のどこかで探していたように思います。

夢中になれることがないのが、

うつの原因の一つであると、

その当時は考えていたようにも思います。

(勘違いです。)

 

だから、子供の頃それに出会えて、

若い頃から活躍されている方(例えばスポーツ選手など)が

とても羨ましく、

趣味であったとしても、

テニス、絵を描く、合唱、プラモデル作り、書道などなど、

夢中になれることがあることを持っている周囲の人に対しても羨ましく想い、

そんな方と自分を比較して、

自分はこのまま夢中になれることを見つけられないで、

将来を終わってしまうのか?

と焦ったり、不安になったりすることも多かったように思います。

できればそれと、職業が関連していたらより良いとも想っていたから、

早く見つけたいと、より焦燥感が募っていたのもあります。

 

そんな想いが長かった分、

ようやく見つかった、「自己肯定感の必要性と重要性を伝えていく」

という、夢中になれることをできることが、

より一層幸せに感じられるのかもしれません。

 

今日はほぼ一日、「自己肯定感の必要性と重要性を伝えていく」こと

に没頭しておりました。

インプットしたり、アウトプットしたり、休んだりを繰り返しておりました。

 

ゼロから1を生み出すことには、頭も体力も必要であると、つくづく感じる一日でもありました(^-^)

こういう一日を過ごせる環境を、自分に作ってあげることが、

5年以内の目標でもあります。

そして、何歳からでも遅くない!ということも、

伝えていける人になりたいとも思います。

 

頑張ります!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子

就活の振り返り

8月31日で今のお仕事が終わるため、

9月からの仕事を探し始めております。

 

当初は、8月18日までの契約だったため、

期間が延長となった分、

少し、時間にも気持ちにも余裕ができました。

ありがたいことです。

 

東京に来てから、3度目(アルバイトも含めれば5社目)の就活になるのですが、

1度目の就活では、

自分が東京で生計を立てて行かれるのか?という不安があったために、

まずは、とにかく、どんな仕事でもやってみる!「来るもの拒まず」

という気持ちで決めました。

心の奥底に、「50歳過ぎてて、東京で働くことも初めての私なんかを、

よくぞ雇ってくださいました。」と

自己を卑下する気持ちがあったように想います。

その当時は長期で働く予定であったのに、

将来性がある会社か?など、その会社のことをほとんど調べず入社。

結果的に、急に職場が閉鎖することになり、派遣社員は全員契約解除。

3ヵ月足らずで退職となりました。

 

2度目の就活では、

1カ月あれば次の職も決まるであろうと想っていた所、

なかなか決まらず、収入が途絶えることへの

強い不安と焦燥感から、

何が何でも就職を決めなければ!と

執着(執念?)が生まれてしまい、

面接までこぎつけた会社は沢山あったものの、

目には見えない執着のエネルギーが伝わってしまったのでしょう。

何度も断り続けられました。

ある日、「もういいや~」という気持ちになり、

スーッと肩の力が抜けたら、

とんとん拍子に、ダブルワークまで決まるという経験をしました。

 

2度の就活での学びを活かし、

3度目の就活では、

自己卑下は辞め、

こんな仕事をしてみたい。

この人と働いてみたい。

こんな場所で働けたら嬉しい。

そんな自分の感情を大事にすることと、

焦りや不安はつきものではあるものの、

それに囚われ過ぎて、執着が生まれないように、

自分で自分を注視していきたいと思います。

 

どんな職場と出会えるか?

どんな人たちと働けるのか?

楽しみです(^-^)

 

将来、就活セミナー開けるかもしれません(笑)

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子

自分を知る方法

自分のやりたいことがわからない、

見つからない。

 

40代前半、メンターと出会い、

これまでの受け身の生き方から、

主体的な生き方にシフトしたい、

いやしなければという気持ちが芽生えたころ、

抱いていた焦燥感でした。

 

メンターをメンターにつけ、

地道に自分を知る努力を続け、

数年かかってやっと見つけたこと、

それが、

自己肯定感の必要性と重要性を伝えること。

本当の意味での自己肯定感とはなにか?を伝えること。

土台ができていないと、

せっかく世に溢れている、自己成長、自己啓発のための情報も、

かえって自己肯定感を下げ自分を苦しめることになりかねないよ。

ということを伝えること。

です。

 

自分のやりたいことを見つけるには、

地道な努力が必要です。

どんな努力か?

自分を知る努力です。

 

自分を知るための方法は沢山あります。

最近、これならお金も時間もかからず、しかも毎日できるな。

と気付いた事があります。

 

それが、毎日何気なくしている行為、習慣を活用することです。

例えばですが、

毎朝、ジョギングをしている人なら、

今日はなんか体重いな~とか、調子いいな~とか、

自分のコンディションを知ることができるでしょう。

私であれば、

毎朝のルーティンワークで自分に同じ質問を投げかけるのですが、

その質問の答えでも、今日なんか気分が晴れないとか、

モチベーション高いなとか毎日の変化に気付きますし、

朝、必ず食べているものがあるのですが、

とっても美味しく感じる時とそうでない時とあったり、

ここのところ、毎日メンターの動画講座を視聴しているのですが、

ポジティブに捉えられる時と、そうでない時があったり。

毎日しているからこそ、日々の変化や自分の傾向性に気付くことができます。

 

せっかく、毎日しているのですから、

何となくやってしまうのはもったいないなと思うのです。

あなたが毎日していることは何ですか?

それは、あなたにどんなことを気付かせてくれますか?

 

ちなみに、

ここのところ夕食時にワインを飲む習慣ができたのですが、

同じワインを飲んでいるのに、

そのワインの味が日によって違うことに気が付きました。

自分のコンディションや、感情によるものであるようです。

 

美味しいワインを飲むためにどんな一日を過ごしたらいいか?

この質問を自身に投げかけるのが最近のマイブームです。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子

大切な人だからこそ対峙させる

長男と週に1~2回程度、LINEを交わしております。

長男は今、ある岐路に立たされております。

岐路の手前には、ちょっとしたハードルもあって、

それを乗り越えられず、立ち往生している現状です。

そんな現状に対し、「不安」を吐露していたかと思えば、

ここ1~2週間は、本当に大丈夫?と想うくらい、

お気楽というか、楽観的過ぎるというか、

現状の問題とはほとんど関係の無い内容のLINEばかり送ってきます。

最初は、それに付き合っていましたが、

それでは、長男も私も、

”長男の現状の課題から逃げているだけだ”

そんな気になり、

「現実逃避?」

という質問で、一石を投じてみました。

図星?だったのか、

彼の心が穏やかでなくなったことが、

その返信の言葉で解りました。

そこから、お互いにやりとりが進み、

彼の考えや気持ちを掘り下げることができ、

今後について意見を交わすことができたのです。

 

”口うるさい母親と思われたくない”

そう言う恐れは少なからずありましたが、

やはり、ここは彼にとって踏ん張りどころの時だなと、

親として、様々な苦い経験をしてきた人生の先輩として、

想ったので、私もちょっと勇気を出してみました。

 

この行動が、彼の未来を切り開くことに役立ちますように・・・

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子

自分で選んでいく時代

今、TVerで日本テレビで放送されているドラマ、

「こっち向いてよ向井くん」を観ております。

連続ドラマは自分の推し以外の人のものを観ることは、

あまり沢山は無いのですが、

たまたま職場の人に勧められて第一話を観たら、

おもしろかったので、続けて観ております。

 

ドラマの中で、主人公の妹さんが、

夫婦の在り方について疑問を抱き、

お母さんと話し合っているシーンがありました。

主人公の妹さんは新婚さんですが、

夫婦が同じ姓を名乗ることや、

婚姻関係に縛られることへの疑問、

「夫」「一家の大黒柱」という肩書によって、

その人の「らしさ」みたいなものが薄れることへの違和感、

について想う所をお母さんに打ち明けていました。

それに対してお母さんは、

「お母さんは、そういうことに疑問を抱かなかった。

お母さんの時代は、結婚する年齢が来たら、

結婚して、子供を産んで・・・

というのが当たり前だったから、疑問が湧かなかった」と。

「今の若い人は、そういうことを深く考える。

いろいろな生き方ができる時代だから、

その分考えることも多くなって大変だなと思う。」

というニュアンスのことも言っていました。

 

確かに。と想いました。

 

私たちの若い頃は、

結婚適齢期が来たら、

当たり前のように結婚して、

当たり前のように子供を産んで、

当たり前のように女が家庭を守って・・・

それに対して、例え何か違和感があったとしても、

「当たり前」という一言で、

それ以上思考を働かせることはなかったと想います。

少なくとも私はそうでした。

 

物事を選択することにはエネルギーが要りますので、

一択の人生を送ることが当たり前だった時代は

そういった意味では楽だったかもしれません。

しかし、

「当たり前」の一言で簡単に決めてきた分、

自分の気持ちと向き合ったり、

自分の特性を観るという機会も、

今の若い人に比べたら、

格段に少なかったように想います。

 

「当たり前」で生きてきた私たち世代は、

「当たり前」の一言で簡単に決められない多様化の時代。

今の若い人以上に、大変な面もあるかもしれませんね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子

情報の誤認識

こちらが意図せず入ってきた情報や言葉が、

自分の中の信念となっていることってありませんか?

又はありませんでしたか?

 

私はありました。

気付いてないだけでまだあるかもしれません。

その信念が、

自分の人生をより良くすることに役立っていればいいのですが、

過去の私においては、

自分の人生を苦しめる非合理的なビリーフ(信念)の

ことの方が多かったように想います。

例えば、

前向きに生きなきゃいけない。

ポジティブが良くて、ネガティブはダメ。

など・・・

 

この信念を持っていたがために、

後ろ向きな気持ちやネガティブな感情が出てきた自分を

責めたり、見て見ない振り(無視)したりしていました。

当時私が、家族も居て、住む家もあり、食べることも困らない、

恵まれた環境だったにも関わらず、

どこか満たされない気持ち、虚無感があったのは、

自分から、自分の負の部分を否定され、無視されているという

虚しさや寂しさから来ていたのかもしれないとも想います。

 

なぜ、このような非合理的な信念を抱いてしまったのかな~?

と考えた時に、中途半端に聞きかじったメディアの情報や、

人との会話から発せられた言葉を、

(特に職場の先輩や人生の先輩など影響力のある人)

鵜呑みにしたり、表面的な部分しか聞かないで勝手に自己解釈していたことが、

原因だったと想います。

 

やはり、

なんとなく得た情報ではなく、

自分が意図して得た知識や情報を、

きちんと精査していく必要性があると考えます。

情報化社会だからこそなおのことです。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子

普段選ばない本からの気付き

東京に来てから嬉しいことの1つに、

通勤など電車での移動時間を読書に充てられることがあります、

長野での移動はほぼ車。且つ、

自分が運転することが大半だったため、

移動中にできることは耳で聞くこと限定でした。

移動中にできることの幅が広がって大変重宝しております。

 

従って、東京に来てから、

毎日、移動やお店でのレジ待ちなど、

隙間時間に本を読んでいたら、

ちりも積もれば山となるではないですが、

本を読むペースが早まりました。

しかし、最近の悩みは、

どうも、自分が選ぶ本は、

ついつい同じようなジャンルのもの、

(自己啓発系やビジネス書)

に偏ってしまうことです。

新鮮味がないというか、

視野が広がらないというか、

自分の本の選び方について

「これでいいの?」という迷いが生じてきました。

ちょうど先日、次の本を買うタイミングで、

メンターとのパーソナルセッションがあったため、

本を紹介していただきました。

2冊紹介して頂いたのですが、

そのうちの1冊は、私が普段選ばないジャンルの本でした。

むしろ、避けていたかもしれません。

そのジャンルとは「美容」です。

私は、若々しくいたい、もっと言うならば老いが怖い、

そう想いながらも、「美容」については、

無頓着というかずぼらでおりました。

要するに、向き合うのが怖かったのだな~と、

メンターから紹介していただいた本を読み始めて気が付きました。

 

本というものは、単純に中に書かれている、

内容や情報だけではなく、

そういった気付きも得られるものなのだな~という気付きをいただきました。

 

メンターから紹介していただいた本を読むことで、

若々しくいたい、きれいでいたい、

という自分の心の声を聴いてあげる機会にしようと想います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子

前だけを見てきた

メンターとの会話から気が付いたことがあります。

ある出来事がきっかけで、

数年前のことを想い出す機会があり、

「そんなこともあったね~」と過去を振り返っておりました。

「そう言えば、私たち前しか見てこなかったよね~(笑)」と・・・

確かに!と想いました。

特に、コロナが流行り始めてからは、

そうだったように思います。

少し後ろを向いている間に、

どんどん時代(?)が先に進んでいくような感覚を

潜在的に感じていたのかもしれません。

現実的に、コロナが流行り始めた直後はステイホームとなり、

MindLabo(旧日本セルフマネジメント開発協会)の

対面での講座ができなくなりました。

そこで、インストラクターを辞めるという選択肢もあったのですが、

メンターがオンラインで講座が開けるように準備をするとおっしゃったので、

それについていきました。

1年間、オンライン(ZOOM)で講座が開けるようなトレーニングを受け、

オンライン講座に登壇することができました。

MindLaboは解散するも、その屋号を引き継ぎ、

その事業を確立させる準備を今少しづつですがしております。

 

無意識に前だけを見て歩いてこられたのは、

どうしてだろう?

その要因を考えてみました。

大きく2つです。

1つ目は、

メンターの存在です。

私は、8年前メンターと出会ってから、

「この人信じれる」

と想った自分の直感を信じると決めて生きてきました。

メンターは、逆境下であっても、いつも前を向いています。

その背中を追っていたら、

自然と自分も前を向いて歩いていた。

ただそんな感じです。

 

2つ目は、

40代前半まで、自分のことをぞんざいに扱って生きてきた分、

これからは自分にできるだけ自分にやりたいことをやらせてあげたい、

そんな想いがあるからだと想います。

自分にやりたいことをより多くやらせてあげるためには、

後ろを振り向いている時間がなかったのだと想います。

 

前向きになりたくてもなれなくて苦しかった過去の自分に伝えたい。

まずは、休養して、エネルギーを蓄えよう!

うつが良くなってきたら焦らなくていいから、

自分のやりたいと想うこと、どんな些細なことでもいいから、

自分にやらせてあげて!

誰と一緒に居るか?も重要だよ。

足を引っ張る人、行動を鈍らせる人は周りにいないかな?

その人と関わり合っていないかな?

反対に、

自分のことを応援してくれる人を大事にしているかな?

モデルとなるような生き方をしている人はいないかな?

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MindLabo代表 山本智香子